3カ月後再び被害者宅に侵入か 足跡ほぼ同じ(2018/02/13 11:57)

 甲府市で会社役員の男性が自宅で襲われて死亡した事件で、逮捕された男2人が事件後に再び現場の住宅に侵入した疑いがあることが分かりました。

 武井北斗容疑者(24)らはおととし8月、甲府市の会社役員・若宮利雄さん(当時73)の自宅に金品を奪う目的で侵入し、若宮さんを暴行して死亡させた疑いなどが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、事件の約3カ月後に若宮さんの自宅に何者かが侵入していて、その際に採取された足跡が若宮さんが襲われた時に現場にあったものとほぼ同じサイズだったことが分かりました。警察は武井容疑者らが若宮さんに暴行を加えて死亡させた事件の後、再び若宮さんの自宅に侵入した疑いがあるとみて詳しく調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集