今年は寒すぎ、氷厚すぎ…ワカサギ釣りができない!(2018/02/13 18:12)

 異例の寒さで湖が凍ってしまい、「冬の風物詩」がピンチだ。

 富士五湖の1つ、山中湖。湖を覆う氷と格闘する1艘のボート。氷を割るため必死に船体を揺らす。こうした、例年にない厚さとなった氷に「冬の風物詩」も痛手を受けている。
 結氷している影響でワカサギ釣りを楽しむ船が出港できていない状態となっている。
 毎年、多くの人でにぎわう山中湖のワカサギ釣り。しかし、今年は客を乗せる船を陸に揚げてしまっていた。押し寄せる氷で船に穴が開くのを防ぐためだ。桟橋近くの氷を割っても沖はまだ凍っていて船を出すのは難しく、また、出せても硬い氷に当たって船体などが傷つくという。取材した日もほとんどの業者が営業を見合わせていた。
 このまま船が出られなければ、人気のワカサギ料理も先延ばしに。氷がなくなるまではしばらく我慢が続きそうだ。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集