100万円相当“預かり物”ギター…25万円で質店に(2018/02/14 23:29)

 客から預かった楽器を質店に入れていたということです。

 元楽器店の代表・山本誠容疑者(46)は2015年10月、東京・練馬区の男性(当時51)から修理の依頼を受けて保管していた時価100万円相当のベースを25万円で質店に入れて横領した疑いが持たれています。警視庁によりますと、山本容疑者と男性は知り合いでしたが、理由を付けてベースの受け渡しを引き延ばしていました。取り調べに対し、「店の運営資金に困っていた」「5年前から50本ほど質入れした。700万円から800万円くらいになった」と容疑を認めています。警視庁には同様の相談が20件以上、寄せられていて、余罪を捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集