時速167キロで一般道暴走 「ドリフト族」の男逮捕(2018/02/14 20:43)

 男は一般道を時速167キロで走行していました。

 坂本航容疑者(21)は去年10月、東京・江東区の東京港臨海道路で、法定速度を107キロ超える時速167キロで車を走らせた疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、坂本容疑者は交差点などで速度を落とさずにカーブするいわゆる「ドリフト族」のチームのメンバーで、現場付近でパトカーを見つけたため、逃げるためにスピードを出したということです。また、車の前の部分のナンバーを取り外したうえ、顔をマスクで隠して走行していました。坂本容疑者は容疑を認めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集