【報ステ】陸自ヘリ墜落…交換部品は『中古』だった(2018/02/14 23:30)

 陸上自衛隊のヘリが佐賀県神埼市の民家に墜落した事故で、直前の定期整備で交換されていた『メイン・ローター・ヘッド』と呼ばれる部品は、中古品だったことが判明した。防衛省は当初、新品と交換したと説明していたが、部品は陸自の同型機が使っていたもので、2011年に不具合が見つかったことから、アメリカのメーカーで修理されていた。今回、問題がないとして事故機に取り付けられたという。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集