「夜回り組長」を容疑者死亡で不起訴処分(2018/04/11 22:44)

 東京・豊島区の簡易宿泊所で男性を殺害し、腕時計を奪ったとして、容疑者死亡のまま書類送検された男について、東京地検は容疑者死亡のため不起訴処分としました。

 去年10月、豊島区駒込の簡易宿泊所で木村清己さん(当時71)の遺体が見つかった事件で、警視庁は今月5日、先月に自殺していた男(79)を、木村さんの首を絞め殺害し、腕時計を奪った疑いで書類送検していました。警視庁によりますと、木村さんが着ていたガウンに男の血液が付いていたということです。東京地検は11日、容疑者死亡のため男を不起訴処分としました。男は元暴力団組長で、繁華街で少年らの悩みを聞く「夜回り組長」としてメディアにも登場していました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集