山崩れで依然5人不明 暑さの中で懸命な捜索続く(2018/04/12 11:47)

 11日に大分県中津市で起きた山崩れで、依然として5人の安否が分かっていません。30時間以上、経った現在も捜索が続いています。

 (寺田健人アナウンサー報告)
 発生から2日目を迎え、現在は岩下愛子さん(76)の住宅を中心に救助活動が続けられています。土砂の中から布や住宅の一部だったと思われる木材が出てきています。また、近くには救急車や担架が配備されました。2人目の発見に向け、何か手掛かりをつかんだのではないかと感じました。今回の山崩れで4棟が巻き込まれ、11日午後1時すぎには岩下義則さん(45)が遺体で見つかりました。現場では、自衛隊が24時間態勢で重機を使いながら夜通しで捜索にあたりました。依然、安否が分かっていないのは江渕めぐみさん(52)と娘・優さん(21)、江渕さんの母・橋本アヤ子さん(86)と岩下アヤノさん(90)、遺体で見つかった義則さんの母・愛子さんの5人です。12日午前6時からは警察、消防なども加わって600人以上で捜索しています。現在、現場には日差しが照り付けていて、この後、20度を超える予想です。暑さのなか、懸命な捜索が続けられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集