児童2人骨折などのけが 横断歩道わたる小学生に車(2018/04/12 11:48)

 12日朝、愛知県小牧市で、集団登校で横断歩道を渡っていた小学生2人が車にはねられてけがをしました。

 午前7時半すぎ、小牧市の路上で、押しボタン式信号のある横断歩道を渡っていた小学2年の男子児童(7)と小学6年の女子児童(12)が軽自動車にはねられました。警察によりますと、男子児童は顔の骨を折り、女子児童は転んで軽いけがをしました。警察は、軽自動車を運転していた会社員・沢井宏行容疑者(22)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。容疑を認めているということです。警察によりますと、2人の児童は7、8人で集団登校をしていたということです。警察は事故当時の信号の状況を含め、事故の原因を調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集