親子げんかの末に台所の包丁で…32歳連れ子が父親を(2018/04/12 11:57)

 宇都宮市で親子げんかの末に父親を包丁で刺して殺害しようとしたとして、32歳の男が逮捕されました。父親は搬送先の病院で死亡しました。

 田仲裕之容疑者は11日午後8時ごろ、宇都宮市簗瀬の住宅で父親の俊昭さん(53)の腹を包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。俊昭さんは搬送先の病院で死亡しました。警察によりますと、親子げんかの末、田仲容疑者が台所にあった包丁で刺したということです。田仲容疑者は俊昭さんの妻の連れ子で、幼いころから一緒に暮らしていたとみられます。取り調べに対し、田仲容疑者は「包丁で刺したが、殺意はなかった」などと容疑を一部、否認しています。警察は今後、容疑を殺人に切り替えて詳しく調べる方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集