現場の指紋など男と一致 広島・女子高校生殺害事件(2018/04/13 10:30)

 14年前、広島県廿日市市の住宅で女子高校生が殺害された事件で、警察は山口県に住む35歳の男を逮捕しました。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、山口県宇部市に住む鹿嶋学容疑者です。この事件は2004年10月、廿日市市上平良の住宅で、当時高校2年だった北口聡美さん(当時17)が家に侵入してきた男に刃物で刺されて殺害されたものです。捜査関係者によりますと、廿日市市の事件現場に残されていた指紋やDNA型が、別の暴行事件で任意で事情を聴いた鹿嶋容疑者のものと一致していました。警察は鹿嶋容疑者の認否について、現時点でコメントしていません。13日午前に聡美さんの父・忠さんが報道陣の取材に応じました。
 聡美さんの父・北口忠さん:「1日でも1時間でも早く解決して頂きたいという思いは大きかった」

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集