重機増やして捜索継続 大分・山崩れ依然5人不明(2018/04/13 11:52)

 11日に大分県中津市で起きた山崩れで、依然として5人の安否が分かっていません。

 (寺田健人アナウンサー報告)
 中津市耶馬渓町では高さ100メートル、幅200メートルにわたって山崩れが起き、4世帯が飲み込まれました。当初、6人の安否が分かっていなかったのですが、12日までに2人の遺体が発見されています。山の斜面の左側を見ると、住宅が潰れたような跡があります。この辺りから11日の午後1時すぎ、岩下義則さん(45)の遺体が見つかりました。そして、その右側からは12日午後4時すぎに岩下愛子さん(76)の可能性が高いと思われる遺体が発見されています。12日まで重機3台から4台を使っていたのですが、13日は重機を10台以上に増やして岩をどける作業にあたっています。本来、午前8時以降に警察、消防が活動に加わる予定だったのですが、岩をどけない限り、部隊を投入できないということで、早ければ昼以降の部隊投入になるということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集