会員制で監視カメラ付き 違法賭博店2店舗を摘発(2018/04/13 11:58)

 新宿区の雑居ビルでカジノ賭博店とパチンコ賭博店が摘発され、経営者の男ら4人が逮捕されました。

 新宿区歌舞伎町のパチンコ賭博店「ソーキソバ」の経営者・笈田悟容疑者(45)ら2人と、カジノ賭博店「ペアペア」の経営者・坂本政彦容疑者(59)ら2人は、違法なパチスロ機50台を設置して客に賭博をさせた疑いなどで現行犯逮捕されました。警視庁によりますと、2つの店舗は同じ雑居ビルの中にあり、取り締まり対策としてモニター付きの監視カメラを設置し、会員しか入れないよう出入り口は常に施錠していました。笈田容疑者らは容疑を認めています。警視庁は、押収した帳簿や顧客名簿を調べ、2つの店の経営に暴力団が関わっていないかなど捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集