至近距離から後頭部銃撃 被害者の妻「深い悲しみ」(2018/04/13 18:08)

 至近距離から後頭部を撃ったとみられます。

 19歳の巡査は滋賀県彦根市の交番で、井本光巡査部長(41)の頭と背中を背後から拳銃で撃って殺害した疑いで13日午後、送検されました。交番に設置された防犯カメラの映像から、井本巡査部長は至近距離から最初に頭を撃たれたとみられることが分かりました。巡査は身柄を確保された際に「叱責(しっせき)されてやった」という趣旨の話をしています。亡くなった井本巡査部長の妻は「大切な家族を失い、深い悲しみを受けています」とコメントを出しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集