千葉の森田健作知事が入院 眼瞼痙攣で右目を手術(2018/04/13 16:58)

 千葉県の森田健作知事が目の手術をして入院していることが分りました。

 県によりますと、森田知事は7日に眼瞼痙攣(がんけいけいれん)のため、右目の手術を行いました。術後の経過は良好ですが、現在も入院中です。眼瞼痙攣とは、瞬きが異常に増えたりまぶしさを感じるなどの症状が出る病気で、森田知事は約10年前から違和感を感じていたということです。森田知事は6日午後から1週間の休暇を取っていて、体調を鑑みて公務へ復帰する方針ですが、17日に開催される全国知事会議には欠席することが決まっています。森田知事は「行事などで県民の皆様に発信していく機会をなくしてしまい、申し訳ない」などとコメントしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集