屋内での作業は危険! 風呂場でガス抜き中に爆発(2018/04/13 18:56)

 風呂場でスプレー缶のガス抜きをしていたところ、突然、爆発して女性が全身やけどの重傷だ。

 13日正午すぎ、栃木県さくら市の住宅で突如、爆発が起きた。原因は缶のガス抜き。場所は住宅の風呂場。39歳の女性は、消臭スプレーに残ったガスを抜くために針のようなもので缶に穴を開けた。すると次の瞬間、何かが引火し爆発したという。警察などによると、当時、風呂場には火の気はなかったという。この爆発で女性は全身やけどの重傷を負った。業界団体の担当者は屋内でのガス抜きは危険だと指摘する。
 日本エアゾール協会・斎藤英明専務理事:「一般的に言いますと、火の気のないところ屋外で(スプレー缶には)ガス抜きキャップが付いているのだが、(ガスを)出し切って、自治体の収集方法によってごみを出して頂くと」

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集