新潟女児殺害事件 口に押さえ付けられたような痕(2018/05/11 00:05)

 新潟市で小学2年生の女子児童が殺害された事件で、遺体には、口に何者かに押さえ付けられたような痕があったことが分かりました。

 新潟市西区の小学2年生・大桃珠生さん(7)は7日午後、下校途中に連れ去られて殺害された後、線路上に遺棄されたとみられています。遺体には首を絞められた痕がありましたが、その後の捜査関係者への取材で、口に押さえ付けられたような痕があったことが分かりました。遺体が見つかった現場が柵の外から比較的、入りやすい場所だったことなどから、警察は周辺に土地勘がある人物の犯行の疑いもあるとみて調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集