新燃岳が4月上旬以来の噴火 「入山規制」継続(2018/05/14 17:21)

 霧島連山の新燃岳で約1カ月ぶりの噴火です。

 気象庁によりますと、14日午後2時44分に新燃岳で噴火があり、噴煙が火口から最高で4500メートルまで上がりました。やや多量の火山灰が鹿児島県霧島市や宮崎県都城市方面に流れています。この噴火に伴う大きな噴石やけが人などの被害は確認されていません。新燃岳の噴火は先月6日以来、約1カ月ぶりです。気象庁は噴火警戒レベル3の「入山規制」を継続し、火口周辺で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集