千葉の工場で鉄骨落下 下敷きで作業員1人が死亡(2018/05/14 17:12)

 千葉県の工場で鉄骨が落下して2人が下敷きになり、うち1人が死亡しました。

 消防によりますと、14日午後3時半すぎ、千葉県四街道市の工場で「鉄骨が落下し、作業員2人が下敷きになった」と119番通報がありました。消防などによりますと、工場の敷地内で約8メートルの高さから鉄骨が10本程度落下し、下で作業をしていた作業員2人が下敷きになりました。この事故で、50代の男性が現場で死亡が確認されました。もう1人の30代の男性は腕を骨折し、ドクターヘリで病院に運ばれました。意識はあるということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集