傷害の疑いで捜査 義理の両親に暴行 灯油かぶり火(2018/05/15 05:55)

 14日夜、青森市で男性が義理の両親に暴行を加え、その後、自分に火を付けました。警察が傷害の疑いで捜査しています。

 午後10時前、青森市の飲食店から警察に「口論になっているので来てほしい」といった内容の通報がありました。近所の人によりますと、この店の夫婦が45歳の義理の息子に一方的に暴力を振るわれていたということです。
 近所の人:「救急車、連絡している時に何か上でガタガタってなったんで。警察の人、行ってみるみたいな。行ったら煙、出てた」
 警察官が駆け付けたところ、息子は店舗の上の住宅で自ら灯油をかぶって火を付けました。やけどを負い、病院で手当てを受けています。また、両親も顔にけがをするなどして病院に搬送されました。警察は傷害の疑いで捜査していて、息子の回復を待って事情を聴く方針です。近所の人によりますと、これまでにも息子は酒を飲んで暴れることがあったということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集