新潟小2女児遺棄 容疑者の男を送検 全容解明へ(2018/05/15 15:00)

 新潟市で小学2年の女の子が殺害されて遺体が線路に遺棄された事件で、死体遺棄などの疑いで逮捕された男は殺害をほのめかす供述を始めたことが分かりました。新潟西署から報告です。

 (辻歩リポーター報告)
 15日午後1時すぎに小林遼容疑者(23)を乗せた車が署から出てきました。外からは表情まではうかがい知ることはできなかったのですが、後部座席の一番後ろ、真ん中に座っていました。死体遺棄と損壊の疑いで送検されたのは、新潟市西区の会社員・小林容疑者です。7日夜、西区のJR越後線の線路に大桃珠生さん(7)の遺体を放置し、列車にひかせた疑いが持たれています。小林容疑者は警察の調べに対して容疑を認め、珠生さんの殺害への関与もほのめかしているということです。警察は小林容疑者の身柄を新潟地検に送り、さらに調べを進めています。また、現場付近の住民からは、被害者の自宅から非常に近いエリアに容疑者がいたことに不安や動揺を隠せないといった声も上がっていて、事件の全容解明に期待が寄せられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集