神奈川県議ひき逃げか 高校生に1万円渡し立ち去る(2018/05/15 18:12)

 神奈川県議会の議員が自転車の高校生に接触する事故を起こし、現場から立ち去っていたことが分かった。議員はその際、高校生に現金1万円を渡したという。

 15日の神奈川県議会。自民党の杉山信雄県議(60)は落ち着かない様子で手元の用紙に何やら書き込んでいた。「被害者の方」「深くお詫び申し上げ」。どうやらこの後、行う会見の下書きのようだ。
 神奈川県・杉山信雄県議:「被害者の方はじめ関係各位の皆様方には本当に深くおわびを申し上げます」
 ひき逃げなどの疑いが持たれている杉山県議が会見を開き、謝罪した。
 杉山信雄県議:「車から降り、安否確認のために『大丈夫ですか』とその方にお尋ねしたら『大丈夫です』とお答えがありました。警察、救急車を呼びましょうかと尋ねたところ、『いやいや大丈夫です』とお答えを頂きました」「(Q.事故の不申告が道路交通法違反にあたるという認識はなかったのか?)それについても怠ったことを申し訳なく思っています」
 事故は今月12日、川崎市内の交差点で起きた。杉山県議が運転する車が左折。すると、前から男子高校生の自転車が。車と衝突した男子高校生は転倒し、軽いけがをした。すると、杉山県議は思わぬ行動に。
 車から降りて高校生に容体を確認すると、現金1万円を渡し立ち去ったというのだ。
 杉山信雄県議:「自転車の前輪を確認したところ、動かない状況でありました。自転車の修理代としてお使い下さいと1万円札をお渡し致しました。全くそんな口止めをするだとか、これで示談解決だとかそんなことは全く私は思っていません」
 杉山県議はその日のうちに警察に呼ばれ、交通事故があったことを認めたという。警察は、ひき逃げなどの疑いで調べを進めている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集