“新潟小2女児殺害”「車でぶつかった」供述に矛盾(2018/05/16 05:51)

 新潟市で女の子が殺害されて線路に遺棄された事件で、逮捕された男は「車で女の子にぶつかった」と話していましたが、遺体にはぶつかったような痕がないことが分かりました。

 小林遼容疑者(23)は大桃珠生さん(7)の遺体をJR越後線の線路に遺棄し、列車にひかせた疑いで逮捕・送検されています。これまで小林容疑者は「運転中に大桃さんにぶつかり、事故を起こし、動揺して車に乗せた」と供述していました。しかし、捜査関係者への取材で、大桃さんの遺体に車と激しくぶつかったような痕がないことが新たに分かりました。また、小林容疑者の勤務先によりますと、事件の翌日には警察が職場を訪ねてきたということで、事件発覚から早い段階で小林容疑者が捜査線上に浮かんでいたとみられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集