高速バスは3分間隔 ゆっくり座って快適通勤(2018/05/16 18:49)

 「ゆっくりと座って会社に行けるから」と高速バスで通勤する人が増えている。実は朝はなんと3分間隔というまるで地下鉄のようなダイヤで運行している。どれくらい快適なのか体験してきた。

 通勤ラッシュで混み合う千葉県木更津市のバスターミナル。ここから東京湾アクアラインを通って首都圏にある会社に通う人が増えているという。バスはこのターミナルの前に複数の停留所で客を乗せてからくるので、全員が乗り込むことができない。すると…バスが発車。そして、もう次のバスが約1分経過して到着した。平日の午前7時台の東京行きのダイヤはわずか3分間隔。都心の地下鉄並みの短さだ。しかも電車通勤よりも所要時間が短いという。そこで、高速バスに実際に乗って本当に快適かどうかを確認する。席は左右に2席ずつ。10列ぐらいあり、約50人ぐらい乗れるようだ。通勤客がピークの時間帯には補助席も使用する。木更津から東京駅までは直通運転。バスがアクアラインを走るころには乗客のほとんどが夢の中だった。そして、出発から約45分。バスは東京駅に到着した。観光バスと同じような作りで、非常に乗り心地は良く、かなり快適だ。ちなみに、木更津駅から東京駅まで電車で移動した場合、所要時間は約1時間15分。つまり、高速バスのほうが電車より30分早く着くことができるのだ。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集