裁量労働の男性が過労死 適用直後に徹夜勤務(2018/05/17 08:02)

 システムエンジニアの28歳の男性が裁量労働制を適用された直後に過労死していたことが分かりました。

 遺族の代理人弁護士によりますと、不動産業界のシステムを開発する都内の会社の28歳の男性社員が去年8月、くも膜下出血で死亡しました。男性は去年7月に裁量労働制が適用されたばかりで、直後に徹夜で勤務するなどしていたということです。男性が死亡する直前の2カ月の平均残業時間は87時間でした。遺族は労災を申請し、4月に労働基準監督署から労災認定されました。会社は男性が死亡したことを認めたうえで、「今はコメントできない」としています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集