米朝会談中止に拉致家族会飯塚代表「決断支持する」(2018/05/25 23:48)

 アメリカのトランプ大統領が米朝首脳会談の中止を発表したことを受けて、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表は「トランプ大統領の決断は支持する」との見解を示しました。

 拉致被害者家族会・飯塚繁雄代表:「(北朝鮮は)また嘘をついて自国の有利な方向だけを考えた施策に持っていきたいという動きがある。トランプ大統領がそれを察知して、そういう状態では会談できないと。今回こそはきちっとした決着を付けたいということの思いが強いので、いい加減な会議のための会議では困ると。今回の中止延期についてはある意味、適正な判断だったかな(と思う)」
 一方で、飯塚代表は「来月12日までに北朝鮮の姿勢が変われば会談はぜひ行ってほしい」などと再開に期待を示しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集