犠牲者の友人ら冥福祈る 秋葉原無差別殺傷から10年(2018/06/08 11:54)

 東京・秋葉原で17人が死傷した無差別殺傷事件から8日で10年です。現場には犠牲者の友人らが訪れて手を合わせました。

 2008年6月8日、秋葉原の歩行者天国に加藤智大死刑囚(35)がトラックで突っ込み、ナイフで通行人を切り付けて男女7人が死亡、10人がけがをしました。現場に設けられた献花台には花や飲み物が供えられ、犠牲者の友人らが手を合わせています。
 亡くなった川口隆裕さん(当時19)の中学時代の先輩:「時間とともに私の感傷が薄れてしまっている。申し訳ないなという気持ち。僕はいつまで生きるか知りませんけど、生きている間は頑張るので、見守ってくれと(伝えた)」
 加藤死刑囚は殺人罪などで一審、二審で死刑判決を受け、2015年に上告が棄却されて死刑が確定しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集