走行中の新幹線で男が切り付け 1人死亡、2人けが(2018/06/10 06:20)

 東海道新幹線の車内で刃物を持った男が乗客を切り付け、男性1人が死亡し、女性2人がけがをしました。容疑者がいる小田原警察署から報告です。

 (社会部・金井誠一郎記者報告)
 22歳の男は10日午前5時前に小田原警察署を出て、一度近くの病院でけがの治療を行い、再び小田原署に戻ってきました。自称、愛知県岡崎市の無職・小島一朗容疑者は9日午後9時45分ごろ、新横浜駅から小田原駅に向かう東海道新幹線「のぞみ」の車内で、乗客の男性を切り付けるなどした疑いが持たれています。
 同じ車両にいた女性:「『キャー怖い』と泣き叫ぶ女性の悲鳴が聞こえた」
 警察によりますと、被害者の男性は大阪市の会社に勤務しているとみられる男性で、死亡が確認されたほか、同じ車両に乗っていた愛知県在住の20代の女性2人も頭などを切られて入院中です。小島容疑者は取り調べに対して容疑を認めていて、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」などと供述しています。
 容疑者の祖母:「一朗(小島容疑者)がそんなことするわけがないと思っている。『俺は自由に生きたいんだ。それが許されんなら死ぬ』と話していた」
 小島容疑者は現在、いったん睡眠を取っています。警察は今後、計画性についても取り調べを行う方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集