警察、通報直後にたどり着けず 新幹線3人殺傷(2018/06/11 11:50)

 東海道新幹線の車内で男が乗客に切り付けて男性1人が死亡した事件で、新幹線が一時停止した際、警察が事件を分かっていながら車内には入れなかったことが分かりました。

 (社会部・金井誠一郎記者報告)
 11日午前9時すぎ、小島一朗容疑者(22)は落ち着いた様子で車に乗り込み、身柄を横浜地検小田原支部に移されました。無職の小島容疑者は9日午後9時45分ごろ、東海道新幹線の車内で乗客の梅田耕太郎さん(38)を刃物で切り付けて殺害したとして11日朝に送検されました。その後の捜査関係者への取材で、事件発生直後に神奈川県綾瀬市付近で新幹線が一度、緊急停止していたことが分かりました。その際、乗客から110番通報があり、警察はすぐに現場に駆け付けたものの、新幹線が再び走り出したことなどで小島容疑者がいる現場にたどり着けなかったということです。その後、新幹線は小田原駅で停車し、警察官が事件があった12号車に踏み込んだ際には小島容疑者と亡くなった梅田さん以外、乗客がほとんどおらず、梅田さんは心肺停止の状態でした。警察は事件があった12号車の防犯カメラを回収し、今後、当日の小島容疑者の動きについて詳しく調べる方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集