52年前の事件とは?袴田さん再審可否を高裁決定へ(2018/06/11 11:52)

 1966年に静岡県の当時の清水市で一家4人が殺害された事件で、死刑判決が確定した袴田巌さんの再審、裁判のやり直しの開始を認めるかどうか11日に東京高裁が決定を出します。この事件を振り返ります。

 1966年6月30日、当時の清水市で住宅が全焼し、焼け跡から刃物で刺されたみそ会社の専務一家4人の遺体が見つかりました。警察は、みそ会社に住み込みで働いていた袴田さん(当時30)を強盗殺人などの疑いで逮捕。連日、長時間に及ぶ取り調べを受け、いったんは自白しました。しかし、裁判では無罪を訴えるも、静岡地裁は死刑判決を言い渡しました。そして、事件から48年後、事態が大きく動きました。静岡地裁が再審の開始を認めたのです。決め手となったのは犯人が身に着けていたとされる5点の衣類。再鑑定で検出されたDNA型が袴田さんとは一致しませんでした。袴田さんは釈放されましたが、検察側が即時抗告したため、今も死刑囚として生活を送っています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集