強制不妊手術「人権侵害甚だしい」 報告書の後も…(2018/06/11 11:57)

 旧優生保護法の問題です。1988年、旧厚生省が補助した研究班が強制的な不妊手術について「人権侵害だ」と指摘する報告書を提出していました。しかし、その後も少なくとも8人の障害者に手術が行われていました。

 田中圭二氏:「やっと問題になってきたかという気持ちは強い。今頃かと」
 田中氏は医療関係の法律の研究者で、1988年に厚生省の研究班がまとめた強制不妊手術についての報告書のなかで、手術は「人権侵害が甚だしい」と訴えていました。厚生労働省は当時の厚生省がどのように対応したのか現在、調査中だとしています。
 田中圭二氏:「(厚生省は)そんなに真剣な問題ではないと考えていたのかな。聞くだけ聞きましょうということだったのでは」
 優生保護法が改正されたのは報告書の訴えから8年後でした。その間に少なくとも8人の障害者に強制的に不妊手術が行われていました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集