遺体から被告のDNA型 リンちゃん殺害事件で証言(2018/06/11 18:57)

 レェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)の皮膚から、被告の男のDNAが検出されたということです。

 渋谷恭正被告(47)は去年3月、千葉県松戸市の小学3年生のリンちゃんを殺害した罪などで起訴されています。11日の裁判で検察側の証人尋問が行われ、科捜研の研究員がリンちゃんの皮膚から採取されたDNAについて、「渋谷被告と被害者のDNA型が過不足なく含まれていた」と証言しました。このDNA型を巡っては、初公判で弁護側が「捜査員が意図的に渋谷被告のDNAを混入させた」と主張していました。18日には論告求刑が行われる予定です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集