【報ステ】東京高裁、裁判やり直し認めず…袴田事件(2018/06/11 23:30)

 1966年に静岡県の旧清水市で一家4人が殺害されたいわゆる『袴田事件』の裁判のやり直しをめぐる即時抗告審で、東京高裁は11日、裁判のやり直しを認めない決定をした。この事件で死刑が確定した袴田巌さん(82)について、静岡地裁は2014年、「犯人のものとされていた衣類の血痕は、袴田さんのものではなかった」という弁護側のDNA鑑定の結果を認定し、再審開始を決定したが、検察側が即時抗告していた。東京高裁は、弁護側のDNA鑑定について「一般的に実用化されている方法ではなく、有効性に重大な疑問があり、鑑定結果は信用できない」として検察側の主張をほぼ認めている。一方、死刑執行の停止と釈放については、年齢や健康状態を理由に取り消さなかった。袴田さんの弁護団は、決定を不服として、最高裁判所に特別抗告することを明らかにしている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集