都営地下鉄 20年ぶり新型車両は「歌舞伎」イメージ(2018/06/12 08:02)

 2年後に開かれる東京オリンピック・パラリンピックを前に、都営地下鉄に外国人にも人気の歌舞伎をイメージした新型車両が導入されます。

 都営浅草線は30日、20年ぶりとなる新型車両を導入します。この路線は羽田空港と成田空港に乗り入れていて、外国人観光客が多く利用することから、外国でも人気の歌舞伎のくま取りをイメージしたデザインとなりました。座席の幅も広く、すべての車両に車椅子やベビーカー用のスペースが設けられています。新型車両は今後、順次、導入されて東京大会後の2021年度までにすべての編成が入れ替わる予定です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集