警視庁の50歳の警部 覚醒剤使用容疑で逮捕(2018/06/12 05:54)

 警視庁の50歳の警部の男が覚醒剤を使用したとして逮捕されました。

 警視庁荏原警察署の交通課長で警部の渡部康浩容疑者は先月下旬から今月11日までに、東京都内または自宅のある神奈川県などで覚醒剤を使用した疑いが持たれています。警視庁によりますと、渡部容疑者が大量の汗をかいていたことなどから11日、事情を聴いたところ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たということです。渡部容疑者は「注射で使用した」などと話し、容疑を認めています。警視庁は「警察官として言語道断で極めて遺憾」とコメントするとともに、覚醒剤の入手経路などを詳しく調べる方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集