神奈川・大磯町の鉄パイプ殺人 男に懲役23年判決(2018/06/12 17:54)

 去年3月、神奈川県大磯町の公園で44歳の男性を鉄パイプで殴って殺害した罪に問われた男の裁判で、横浜地裁小田原支部は懲役23年の判決を言い渡しました。

 後藤優被告(34)は去年3月、大磯町の公園でトイレから出てきた吉川友義さんを金属パイプで殴って殺害した殺人の罪などに問われています。12日の判決で横浜地裁小田原支部は、犯行の動機が刑務所に入って職場から逃げたいという身勝手な考えであることや、自首が反省に基づくものでないことなどを指摘し、懲役23年の判決を言い渡しました。後藤被告は、気絶させることが目的で殺すつもりはなかったなどと主張していました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集