横浜市の神奈川県民ホールで「生命のメッセージ展」(2018/06/12 23:31)

 横浜市で開催されている生命や平和の大切さを訴えるイベントで、息子の命を飲酒運転の車に奪われた母親が「自分にとって大切な命を守ってほしい」と訴えました。

 イベントの主催者・鈴木共子さん:「それぞれひとごととするんじゃなくて、自分のこととして感じてほしい」
 横浜市の神奈川県民ホールで12日から始まった「生命のメッセージ展」では、事件や事故、いじめなどで理不尽に命を奪われた160人の等身大の人形パネルが並べられています。パネルの足元には生前に履いていた靴が置かれ、本人の写真や家族の思いが書かれたメッセージも添えられています。また、生命・愛・平和のコンセプトに共感した受刑者などから公募で集まった300点近くの作品も展示されています。展示は17日まで行われます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集