目黒女児虐待死受け 都が国に情報共有の強化求める(2018/06/13 23:35)

 東京・目黒区で5歳の長女を衰弱死させたとして両親が逮捕された事件を受け、東京の小池都知事は自治体間や関係機関との情報共有の強化を国に求めました。

 小池都知事:「どうやれば全国での情報共有がスムーズにいくのか。全国統一のルールを国のほうで作ってもらえないか」
 東京・新宿区の児童相談所を視察した小池知事は、香川県から都内に引っ越してきた5歳の女の子が衰弱死した事件について「情報共有が十分でなかった」との認識を示しました。知事の発言を受けて都は、自治体間の情報共有を定めている国の指針の徹底を急きょ、厚生労働省に要望しました。要望書では、児童相談所の求めに応じて飲食店や交通機関が防犯カメラの映像を提供することを義務付ける法改正も求めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集