千葉女児殺害事件 判決を受け父が胸の内語る(2018/07/08 23:17)

 千葉県松戸市でベトナム人の女の子を殺害するなどした罪に問われた男の裁判員裁判で、男に無期懲役の判決が言い渡されたことを受け、女の子の父親が「悔しい」と胸の内を語りました。

 リンちゃんの父親・ハオさん:「渋谷恭正の犯行、本当に残酷、本当に計画がありますからとっても悔しいです」
 元保護者会会長の渋谷恭正被告(47)は去年3月、小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)を殺害した罪などで6日、無期懲役の判決が言い渡されました。千葉地裁は判決を無期懲役とした理由について、「殺害に計画性が認められなかったため」などとしています。リンちゃんの父親のハオさんは、遺体が発見された千葉県我孫子市の河川敷にリンちゃんの好きだったリンゴや桃を供えました。
 リンちゃんの父親・ハオさん:「できれば天国に行って、またこの世界に戻ってほしいです。できたら、また私の子どもになってほしいです」
 渋谷被告は一貫して無罪を主張していて、即日控訴しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集