近畿地方と高知で4人不明 炎天下での捜索続く(2018/07/09 11:52)

 近畿地方と高知では合わせて8人が死亡、4人が行方不明になっています。強い日差しが照り付けるなか、行方不明者の捜索が行われています。

 京都府では舞鶴市で住宅の裏山が2度にわたって崩れ、住民の男性が行方不明になっているほか、府内で4人が死亡しています。兵庫県では宍粟市の土砂崩れと猪名川町の工事現場の増水で合わせて2人が死亡しました。高知県では大月町で家屋が倒壊し、58歳の女性が死亡したほか、県内で2人が行方不明になっています。9日の近畿地方は強い日差しが照り付け、被害の激しい神戸市ですでに気温が31度を記録するなど暑くなっていて、家屋の後片付けの際、熱中症への注意が必要です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集