外国人に高級腕時計販売装い 消費税の不正還付未遂(2018/07/09 11:58)

 外国人旅行者に高級腕時計を売ったように装い、不正に消費税約1億円の還付を受けようとしたとして、東京・港区の免税店と実質的経営者が刑事告発されました。

 「ブエナビスタジャパンホールディングス」と韓国籍の実質的経営者・徐世昌(ソ・セチャン)氏(45)は、去年11月までの4カ月間に消費税約1億300万円の還付を不正に受けようとしたとして、東京国税局から刑事告発されました。関係者によりますと、徐氏は高級腕時計を中国人旅行者らに販売し、4カ月間に十数億円の免税売り上げがあったように装って税務署に嘘の申告をしたということです。徐氏は修正申告と納税を済ませたとしたうえで、「深く反省しております」などとコメントしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集