酷暑のなか復旧活動続く 重要課題は“水道の断水”(2018/07/10 18:00)

 愛媛県西予市の避難所から報告です。

 (宇佐美貴之記者報告)
 住民らは日中、この避難所から自宅の片付けなどに出掛けて戻ってくるという生活を続け、避難生活にも疲労の色が見え始めました。四国地方は10日に梅雨明けし、県内では最高気温が34.8度と猛暑日手前の所もありました。この厳しい暑さのなかで、片付け作業中の熱中症などが懸念されています。こうしたなか、自衛隊が風呂を設営しました。そして、もう一つの大きな課題が断水です。土砂の片付けなどには大量の水が必要で、飲料水ではなく生活用水であれば持ち帰りに制限がない給水所では、ミカン箱にポリ袋を広げて水を持ち帰る人もいるということです。行政だけでなく、個人からも食料品などの支援物資が届けられていますが、人手不足と水不足の解消が復旧の加速には必要です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集