海の“要塞”を観光地化へ 首都東京を守った人工島(2018/07/10 18:54)

 首都東京を守った海の要塞(ようさい)の観光地化を目指します。

 東京湾にある第二海堡(かいほう)は、外国船から首都を守るため明治時代から大正時代にかけて作られた人工島で、現在は立ち入り禁止になっています。10日に観光地化に向けた現地視察が行われ、神奈川県横須賀市や対岸の千葉県富津市の担当者らが参加しました。横須賀市などは来年度中の事業化を目指していて、歴史遺産として観光の目玉にしたい考えです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集