「商魂そのもの」と論評 田中康夫氏に謝罪求め提訴(2018/07/11 18:47)

 長野県知事や衆院議員を務めた作家の田中康夫氏(62)に謝罪や損害賠償を求めています。

 去年12月、神戸港では推定樹齢150年の「あすなろの木」が復興の象徴のクリスマスツリーとして展示されました。このイベントのプロデューサーを務めた西畠清順さんは、作家の田中康夫氏に「復興を大義名分に植物の命をもてあそぶ商魂そのもの」などと論評され、名誉を傷つけられたとして謝罪などを求めています。11日の口頭弁論には出廷しませんでしたが、田中氏側は取材に対し、「率直な考えを雑誌や番組で述べたまでです」とコメントしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集