消毒液をタオルで隠し…歩く姿を目撃 点滴異物混入(2018/07/12 10:32)

 横浜市の病院で入院患者を殺害したとして元看護師の女が逮捕された事件で、女が消毒液を隠しながら病院内を歩く姿が目撃されていたことが分かりました。

 元看護師の久保木愛弓容疑者(31)はおととし9月、横浜市の大口病院で西川惣蔵さん(当時88)の点滴に消毒液を混入させ、殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、西川さんが死亡する前に、久保木容疑者が消毒液のボトルを隠すようにタオルで包んで病院の中を歩いている姿を病院関係者に目撃されていたことが分かりました。警察は、久保木容疑者がこの時に持っていた消毒液が点滴に混入された可能性もあるとみて関連を調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集