火口付近から茶色の噴煙 西之島が11カ月ぶり噴火(2018/07/12 18:43)

 東京・小笠原諸島の西之島が再び噴火しました。

 海上保安庁によりますと、12日昼すぎ、上空からの観測によって西之島の火口付近から茶色の噴煙が上がっているのが確認されました。最近では去年4月から8月までの約4カ月間に噴火活動が確認されていて、噴出した溶岩によって新たな陸地ができて島の面積が拡大しました。その後は、穏やかな状態が続いていました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集