広島で6人行方不明のまま 西日本豪雨から1カ月(2018/08/06 00:05)

 甚大な被害をもたらした西日本豪雨から6日で1カ月。死者の数は219人に上っています。広島県内では6人の行方がいまだ分かっていません。

 住宅に土砂が流れ込むなどした広島県坂町小屋浦では40代の女性の行方が分かっておらず、警察や消防が捜索を続けています。県内では108人が死亡し、6人が行方不明のままです。また、38人が身を寄せる広島県呉市安浦町の避難所では長引く避難生活に不安を感じる被災者も見られました。
 避難している住民:「(会社に)早く復帰しないと、甘えてばかりいても悪いなと思っている」「(飼っている犬と)ちょっと今、離ればなれになっているので、それが寂しいので、早く一緒に暮らしたい。早く元通りの生活になりたいなというのはある」

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集