山形で土砂崩れや住宅浸水 記録的大雨は新潟でも(2018/08/06 11:45)

 活発な前線の影響で山形県では6日朝にかけて記録的な大雨が降り、各地で土砂崩れや住宅などの浸水が相次いでいます。

 山形県では24時間で降った雨の量が北東部の金山町や最上町で300ミリを超えるなど、県内の9つの地点で観測史上1位を記録しました。この雨で5日午後から各地で避難指示が出され、約2000人が避難しました。戸沢村では村につながる国道が冠水したため、一時、村全域が孤立状態になりました。また、山形県の各地で住宅などの浸水被害が相次ぎ、これまでに床上・床下89件が報告され、土砂崩れも起きています。新潟県でも6日朝から雷を伴う激しい雨が降り、新潟市西区などで一時、道路が冠水しました。加茂市では8月の観測史上最大となる1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降りました。現在も新潟県の一部には大雨警報が出されていて、気象庁は低い土地の浸水や土砂災害に警戒を呼び掛けています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集