ハチミツの消費量が急増 熱中症予防に期待も(2018/08/06 18:47)

 利用方法が食品以外にも広がり、ハチミツの消費量が急増している。栄養価が高く、熱中症予防にも期待されている。

 都内のハチミツ専門店。先週、発売されたばかりで早くも注目されているのが「パクチー蜂蜜」だ。実は今、ハチミツ人気が高まりを見せている。おととしのハチミツの消費量は前の年に比べて約3割もアップ。農林水産省によると、ハチミツの使い方が広まっていることなどが理由だという。今や美容に関する商品までもハチミツ入りが増えているのだ。さらに、ハチミツは真夏の暑さ対策にも効果があるという。そこで、おすすめなのが栄養素を豊富に含んだ発酵食品のみそにハチミツを加えた「ハチミツみそ」。みそ大さじ3杯に対してハチミツは大さじ1杯がちょうど良いということだ。これを体内の熱を下げる効果がある生野菜に付けて食べるのがおすすめだという。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集