【報ステ】台風一過で再び猛暑…深刻な水不足も(2018/08/09 23:30)

 台風13号の影響で9日、各地で厳しい暑さとなった。台風から吹き込んだ暖かく湿った風は、秋田県や岐阜県、愛知県にフェーン現象をもたらし、名古屋市では最高気温38.2度を記録した。岐阜市では、33日連続で真夏日が続いていて、猛暑による高温障害で水田の米粒が白くにごる被害が出始めた。新潟県では、梅雨が明けた後、雨の降らない深刻な水不足が起きている。柏崎市では、この30日間で6ミリの雨しか降っておらず、ダムの貯水量は0.6%にまで減少。ダムの底も見え始めている。新潟県柏崎地域振興局ダム管理課の出村豊課長によると、渇水でダムの底まで水位が下がったのは24年ぶりだという。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集