墜落直前で低空飛行の目撃も 群馬防災ヘリ墜落(2018/08/11 11:46)

 群馬県の防災ヘリコプターが墜落した事故で、10日夜は中断していた救出活動が11日朝に再開され、これまでに7人の死亡が確認されました。事故現場に近い群馬県と長野県の県境にある渋峠から報告です。
 
 (藤井学記者報告)
 事故現場に残された2人の搬送がまもなく始まりそうだということです。地上からの捜索と救出活動は午前5時すぎから、自衛隊や警察・消防など160人余りが墜落現場に向かって再開されました。現場は歩いて2時間ぐらいかかるということですが、当初は霧が濃く、救出に難航したようです。しかし、ここにきて霧が晴れたことで、急ピッチで自衛隊機による救出が続いています。気になる事故原因ですが、午前8時半すぎに現場を調査する運輸安全委員会の調査官3人が警察官15人ほどと入山しました。事故当時に周辺にいた人の話では、10日はかなり低空で飛んでいて、普段と違う非常に大きなエンジン音を聞いたということです。目まぐるしく変わる天候のなかで今後の救出活動、そして、事故原因の究明も待たれます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集